文書/VoiceroidUtil のバックアップ(No.7)


VOICEROID実況動画制作支援ツール『VoiceroidUtil』の使用方法マニュアル。

この文書について

この文書では、VOICEROID実況動画制作支援ツール『VoiceroidUtil』の使い方を解説します。

現在は下記の環境に基づいて記載しています。

過去からの更新箇所については更新履歴を参照してください。

この文書はツール導入済みの環境を前提に記載されています。
ツールのインストール手順については同梱のreadme.txtを参照してください。

ツール概要

『VoiceroidUtil』は、VOICEROID+シリーズソフトウェアに対して下記のような操作を行うツールです。

入力文の再生
  • 入力文を再生します。VOICEROID本体とは異なり、カーソル位置に依らず常に全文再生となります。
入力文の音声ファイル保存
  • 入力文をWAVEファイルとして保存します。
  • 保存先フォルダおよび保存ファイル名は予め設定した内容に従って自動決定します。
『ゆっくりMovieMaker』連携
  • 『ゆっくりMovieMaker』のタイムラインに保存した音声ファイルを自動登録します。
  • 『ゆっくりMovieMaker』にキャラクターを登録しておけば、それを自動選択させることもできます。

下記のVOICEROID+シリーズソフトウェアに対応しています。

利用サンプルは紹介動画(version 1.0.0 版)をご覧ください。

基本的な使い方

  1. 『VoiceroidUtil』を起動し、メイン画面を開きます。

  2. 必要に応じて、設定画面にて各種設定を行います。

    • 詳しくは画面説明/設定画面の項を参照してください。
    • 設定は記憶されるため、前回と同じ設定で利用する場合はこの作業を行う必要はありません。
  3. 操作したいVOICEROID本体を起動します。

    • 複数のVOICEROID本体を同時に起動させても構いません。
  4. 『ゆっくりMovieMaker』と連携させたい場合、そちらも起動します。

    • 必ずタイムラインウィンドウを表示させておいてください。
    • 『ゆっくりMovieMaker』を使わない場合は不要です。
  5. しゃべらせたいVOICEROIDをコンボボックスから選択します。

    VOICEROIDを選択しているところ
  6. 入力文の欄にしゃべらせたい文章を入力します。

    入力文を編集しているところ
  7. 再生したい場合は「再生」ボタンを押下します。

    • 再生を行うとVOICEROID本体に文章が設定されるため、そこから必要に応じてフレーズ編集等を行うとよいでしょう。
      • フレーズ編集を行った場合は、VOICEROID本体側で「登録」ボタンもしくは入力欄側の「再生」ボタンを押す等して、編集を完了させてください。
      • 単語編集を行った場合は、VOICEROID本体側で「登録」ボタンもしくは「クリア」ボタンを押す等して、編集を完了させてください。
  8. 「音声保存」ボタンを押下して、音声ファイルを保存します。

    • 音声ファイルの保存先は設定画面の設定内容に従って自動決定されます。
    • 設定画面にて『ゆっくりMovieMaker』と連携する設定を行っていれば、音声保存時に自動的に連携します。
  9. 手順 5 〜 8 を繰り返して、必要な音声ファイルを作成していきます。

画面説明

メイン画面

『VoiceroidUtil』を起動するとこの画面が表示されます。

#ref(): File not found: "メイン画面.png" at page "文書/VoiceroidUtil"

①画面タブ
  • メイン画面と設定画面の表示を切り替えます。
②VOICEROID選択コンボボックス
  • 操作するVOICEROID本体を選択します。
  • VOICEROID本体は予め起動させておいてください。「起動しています」と表示されていれば操作可能です。
③入力文テキストボックス
  • しゃべらせたり音声ファイル保存したりする文章を入力します。改行も可能です。
  • テキストファイルをドロップして入力することも可能です。
  • テキスト入力中に Alt+Enter のショートカット入力を行うことで「再生」ボタンを押下できます。
  • テキスト入力中に Ctrl+Enter のショートカット入力を行うことで「音声保存」ボタンを押下できます。
④「再生」ボタン
  • VOICEROID本体に入力文の再生を指示します。
  • VOICEROID本体とは異なり、入力文テキストボックスのカーソル位置に依らず常に全文再生となります。
  • Ctrl+Q のショートカット入力を行うことでもボタンを押下できます。
⑤「音声保存」ボタン
  • VOICEROID本体に入力文の音声保存を指示します。
  • 保存フォルダおよびファイル名は設定画面の設定内容に従って自動決定します。
    • 保存フォルダが存在しない場合、フォルダの作成を試みます。
  • 設定画面の設定内容で、テキストファイルの保存や『ゆっくりMovieMaker』との連携も行います。
    • 『ゆっくりMovieMaker』が起動していない場合は連携を行わず、エラーにもなりません。
  • Ctrl+S のショートカット入力を行うことでもボタンを押下できます。
  • Ctrl+E のショートカット入力を行うことで保存先フォルダを開くことができます。

設定画面

ツールの動作に関する各種設定を行います。

#ref(): File not found: "設定画面.png" at page "文書/VoiceroidUtil"

①画面タブ
②「保存先」ボタン
  • 音声ファイルの保存先フォルダを選択するダイアログを開きます。
  • VOICEROID本体の制約上、パスにUnicode文字("♥" 等)を含むフォルダは選択できません。
③保存先テキストボックス
  • 音声ファイルの保存先フォルダです。
  • 直接書き換えることはできませんが、保存先にしたいフォルダをドロップして書き換えることが可能です。
④保存先フォルダを開くボタン
  • 音声ファイルの保存先フォルダをエクスプローラで開きます。
  • 保存先フォルダが存在しない場合は警告表示が行われるのみです。
⑤「ファイル命名」コンボボックス

#ref(): File not found: "設定画面_ファイル命名.png" at page "文書/VoiceroidUtil"

  • 音声ファイル名の付け方を選択します。
  • 例えば操作対象VOICEROIDが「結月ゆかり」、入力文が「ハチミツください」、保存日時が「2016-03-27 12:34:56」である場合、項目ごとのファイル名は次のようになります。
    項目保存ファイル名
    入力文ハチミツください.wav
    日時_入力文160327_123456_ハチミツください.wav
    キャラ名_入力文結月ゆかり_ハチミツください.wav
    日時_キャラ名_入力文160327_123456_結月ゆかり_ハチミツください.wav
    キャラ名\入力文結月ゆかり\ハチミツください.wav
    キャラ名\日時_入力文結月ゆかり\160327_123456_ハチミツください.wav
  • 項目名が「キャラ名\」で始まるものは、キャラ名のサブフォルダを作成してその中に音声ファイルを保存します。
  • 入力文が13文字を超える場合は 先頭1〜11文字 + "+" + 省略された文字数 という文字列になります。
  • ファイル名として使用できない文字は "_" (アンダーバー)に置換されます。
    • VOICEROID本体の制約上、Unicode文字("♥" 等)も置換されます。
  • 既に同じ名前のファイルが存在する場合は拡張子の手前に "[1]" 等の角カッコ数値文字列が追加されます。
⑥「テキストファイルを必ず作成」チェックボックス
  • チェックを入れると、音声ファイルの保存時に入力文が書かれたテキストファイルを同時に作成します。
    • 保存先フォルダとファイル名は音声ファイルと同じです。(拡張子が .wav から .txt に変わるのみ)
  • このチェックを入れない場合でも、VOICEROID本体側がテキストファイルを作成する設定になっているならば、そちらの処理によってテキストファイルが作成されます。
    • 両機能とも有効な場合は、VOICEROID本体側が作成したテキストファイルを『VoiceroidUtil』側の処理で上書きします。
⑦「文字コード UTF-8 で作成」チェックボックス
  • チェックを入れると、作成するテキストファイルの文字コードをUTF-8にします。
    • チェックを入れなければVOICEROID本体と同じくシフトJIS*1になります。
  • UTF-8であれば、シフトJISでは書き出せないUnicode文字("♥" 等)も書き出せるため、動画の字幕設定等に役立ちます。
    • 『ゆっくりMovieMaker』はUTF-8のテキストファイルでも問題なく読み取れます。
  • 作成するテキストファイルの先頭にBOM(Byte Order Mark)は付きません。
    • 作成したテキストファイルをWindows標準のメモ帳で編集して上書きするとBOMが付いてしまいます。BOMなしで保存できるテキストエディタで編集することを推奨します。
⑱「ゆっくりMovieMakerにファイルパス設定」チェックボックス
  • チェックを入れると、音声ファイルの保存成功時に、『ゆっくりMovieMaker』のタイムラインウィンドウにある入力欄に音声ファイルのパスを設定します。
  • 『ゆっくりMovieMaker』が起動していない場合は何も行わず、エラーにもなりません。
  • 『ゆっくりMovieMaker』のタイムラインウィンドウを表示していない場合、「ゆっくりMovieMakerのタイムラインが見つかりません。」と警告表示され、処理に失敗します。
    • 『ゆっくりMovieMaker』側で、プレビューウィンドウの「表示」メニューから「タイムライン」を選んで表示させておいてください。
⑨「キャラクターを自動選択」チェックボックス
  • チェックを入れると、『ゆっくりMovieMaker』のタイムラインウィンドウにあるキャラ選択コンボボックスからキャラクターを自動選択します。
  • どのキャラクターを選択させるかは ⑩キャラクター自動選択設定テキストボックス群 で設定します。
  • 『ゆっくりMovieMaker』に対象キャラクターが存在しない場合は何も行いません。
⑩キャラクター自動選択設定テキストボックス群
  • ⑨「キャラクターを自動選択」チェックボックス にチェックが入っている場合、この設定に従って『ゆっくりMovieMaker』のキャラクターを選択します。
  • 空欄にした場合はキャラクターを自動選択しません。
⑪「追加ボタンを自動で押す」チェックボックス
  • チェックを入れると、『ゆっくりMovieMaker』のタイムラインウィンドウにある「追加」ボタンを自動で押します。
  • 音声ファイルと同時にテキストファイルを作成している場合、『ゆっくりMovieMaker』はそれを字幕テキストに設定します。

Q&A

ありがちな(ありそうな)疑問点とそれに対する答えをまとめています。

起動できない。
  • 同梱の readme.txt を読み、動作環境を確認してください。
  • Windows 7 SP1 の場合、 .NET Framework 4.5 以降のインストールが必要です。 Windows Update よりインストールしてください。
  • Windows XP では動作しません。(そもそもVOICEROID+シリーズの動作対象外です)
VOICEROID本体が認識されない。
  • 対応しているVOICEROID+シリーズソフトウェアであることをご確認ください。
  • 結月ゆかり、民安ともえ(弦巻マキ)、東北ずん子はEX版のみの対応です。
「再生」ボタンや「音声保存」ボタンを押すとVOICEROID本体側で「注意」ダイアログが出てしまい、操作が完了しない。
  • 例えばVOICEROID本体側でのフレーズ編集途中に再生や音声保存を指示するとこの状態になります。
  • フレーズ編集を完了させる等して、VOICEROID本体側をニュートラルな状態にしてください。
「再生」ボタンの処理に失敗する。
  • VOICEROID本体を最新版に更新してください。
    • 株式会社AHSの公式サイトにて製品登録を行うことでアップデータの入手が可能です。
  • VOICEROID本体が管理者権限で実行されている場合、『VoiceroidUtil』も管理者権限で実行する必要があります。
    • 『VoiceroidUtil』のアイコンを右クリック(タッチパネルの場合は長押し)し、「管理者として実行」を選択してください。
  • 他のウィンドウ操作系ツールを動作させている場合、処理が競合する可能性があります。
  • 動作させるPCのスペックが極端に低い場合、動作が安定しない可能性があります。
  • 作者まで具体的な症状とPC環境(マシン名、Windowsのバージョン等)をご連絡頂ければ改善できるかもしれません。(保証はできません)
「再生」ボタンは正常動作するが、「音声保存」ボタンの処理に失敗する。
  • VOICEROID本体を最新版に更新してください。
    • 株式会社AHSの公式サイトにて製品登録を行うことでアップデータの入手が可能です。
  • 保存先フォルダに書き込み権限があることをご確認ください。
    • 「保存先フォルダーを作成できませんでした。」とエラー表示される場合は書き込み権限がありません。
    • VOICEROID本体側で「ここには保存できません。ほかの場所を選択してください。」とダイアログが出る場合も書き込み権限がありません。
    • 保存先フォルダをデスクトップなど確実に書き込みできるフォルダに変更してみてください。
  • 「音声ファイルの保存」ダイアログが表示された状態で「ファイル保存ダイアログが見つかりませんでした。」とエラー表示される場合、PCのスペックが極端に低い可能性があります。
  • 作者まで具体的な症状とPC環境(マシン名、Windowsのバージョン等)をご連絡頂ければ改善できるかもしれません。(保証はできません)
VOICEROIDが上手にしゃべってくれない。
  • VOICEROID本体側で調声(フレーズ編集、単語編集等)が必要です。
  • 結月ゆかりは他のVOICEROIDと比べて音が小さいため、音声効果で音量を上げることを推奨します。
VOICEROIDにしゃべらせる文章とテキストファイルに保存される文章を変えたい。
  • ツール上では行えないため、音声保存後にテキストファイルや『ゆっくりMovieMaker』の字幕を直接編集してください。
  • UTF-8のテキストファイルを直接編集する場合、Windows標準のメモ帳だとBOMが付いてしまうのでご注意ください。
    • BOM付きUTF-8のテキストファイルは、一見『ゆっくりMovieMaker』で問題なく読み込めますが、『AviUtl』用にエクスポートすると字幕表示がおかしくなります。
『ゆっくりMovieMaker』との連携に失敗する。
  • 『ゆっくりMovieMaker』が version 3.4.8.1 以降であることをご確認ください。
  • 『ゆっくりMovieMaker』が起動しており、タイムラインウィンドウが表示されていることをご確認ください。
    • タイムラインウィンドウが表示されていない場合、プレビューウィンドウの「表示」メニューから「タイムライン」を選んで表示させてください。
  • 『ゆっくりMovieMaker』が管理者権限で実行されている場合、『VoiceroidUtil』も管理者権限で実行する必要があります。
    • 『VoiceroidUtil』のアイコンを右クリック(タッチパネルの場合は長押し)し、「管理者として実行」を選択してください。
    • そもそも『ゆっくりMovieMaker』を管理者権限で実行することは推奨しません。
  • 他のウィンドウ操作系ツールを動作させている場合、処理が競合する可能性があります。
  • 作者まで具体的な症状とPC環境(マシン名、Windowsのバージョン等)をご連絡頂ければ改善できるかもしれません。(保証はできません)

更新履歴

2016-07-06
  • version 1.2.0 に対応。
    • 『ゆっくりMovieMaker』のタイムラインウィンドウが見つからない場合の警告メッセージを変更。
2016-06-11
  • version 1.1.0 に対応。
    • 『VOICEROID+ 京町セイカ EX』追加
2016-05-03
2016-04-20
  • 基本的な使い方に、VOICEROID本体側でフレーズ編集や単語編集を行った場合の完了手順について追記。
  • Q&Aを更新。
2016-04-11
2016-03-29
  • 初版。

*1 正確にはCodePage932。